筋肉を早くつける方法

ドーピングをせずに筋肉を最短でつけるには?

筋肉増強剤などのいわゆるドーピングは圧倒的なスピードで筋肉をつけることが可能ですが、その反面、副作用を伴いますし、場合によっては死にいたるケースもあるほどです。

 

今のところ、加圧トレーニングはもっとも効率が良いようです。

 

加圧トレーニングのメリットは大きな負荷をかけなくても、軽い負荷で筋トレすることで疲労をそれほど残さずにトレーニングを完了できます。

 

また、筋トレを行った後の回復速度も通常よりも早いため、例えば、通常だったら1週間に2回、スクワットを行っていたのを、これを毎日行うことが可能になったりすることで
短期間で、トレーニングをした部分の筋肉が増加するのです。

 

また、食事面では若干の注意が必要です。

 

最短で筋肉をつけようとすると、加圧トレーニングにを取り入れつつ、筋肉を回復までの時間を早める必要があります。

 

十分な量のたんぱく質、アミノ酸、抗酸化物質(ビタミンCやビタミンE、アスタキサンチン、コエンザイムQ10など)糖質を摂取して
睡眠もたっぷりとることが大切です。

 

特に忘れがちな糖質ですが、これを摂取しないとなかなか筋肉が太くなりません。

 

糖質制限ダイエットなどというのが流行していて確かに痩せることは可能ですが、筋肉量がなかなか増えませんので筋肉を太く目立たせたい場合には
糖質制限ダイエットはやめたほうがいいというのが常識です。

 

ただし、ムエタイ選手のような研ぎ澄まされた肉体を目指すには、糖質制限でもある程度まではいけるでしょう。

 

もちろん、オーバートレーニングには気をつけながら、ぎりぎりのラインを攻めていくことで最速での筋肉増加が可能となります。